幼少時代
田中たかひと 幼少時代イメージ1
田中たかひと 幼少時代イメージ2
田中たかひと 幼少時代イメージ3
河内村生まれ。(旧名:現在の白山市河内町)
山・自然に恵まれ、少年時代は野球づけだった。

夏は川遊び、冬はスキー。
過疎地ならではのオープンな地域でプライバシーは皆無に等しかった。
近所の人に叱られたり、慰められたり、ほめられたりと常に誰かが見ているという、心豊かな古き良き日本のコミュニティがあったのを憶えている。

旧家のニ男一女の長男として生まれ、兄弟のお手本になるようにと常に意識していたように思う。
小学校時代
 田中たかひと 小学校時代イメージ1
 田中たかひと 小学校時代イメージ2
少年野球に明け暮れていた。
「河内少年野球クラブ」ショートで4番だった。
低学年もメンバーに入れないと成立しない弱小チームだったが、野球ができるだけで楽しかった。

6年生には小学校の児童会会長に任命され、この頃から人前で話すことの訓練ができたと思う。
中学校時代
 田中たかひと 中学校時代イメージ1
1年生のとき星があまりにもきれいだったので、夜、近所の友達と学校の理科室に忍び込み、天体望遠鏡を持ち出して星の観察をした。
あのときみた星は今でも忘れない。

私の長男も天体(星)好きになったのは、影響しているからだろうか・・と最近思う。
今でも、銀河の里(キゴ山)で星の観察のイベントがあると必ず出席している。

3年では生徒会長 軟式テニス部部長をしていた。
当時のテニス部は、生徒が中心となって練習メニューを考えて実践していた。
結果、石川郡大会で個人優勝、石川県大会個人戦ベスト8と実績を残すことができたことは、とても満足している。

また、生徒数が少ないので、個人的に陸上部をかけもちしていた。
石川郡大会100m走、200m走、幅跳びと3種目で個人優勝し、男子総合優勝することができた。

この頃から父が河内村村長だったので、リーダーになることを強く意識していたように思う。

河内村では、保育園から小中学校まで1クラスしかない。
同じメンバーで18年間共に過ごした濃い絆があったと思う。
高校時代
 田中たかひと 高校時代イメージ1
 田中たかひと 高校時代イメージ2
自宅から1時間かけて3年間通う。
45分かけて野々市までバスで通い、そこから学校まで自転車で15分かかった。

体力には自信があったし、特に脚力を試したかったので、陸上部に入部。
短距離4×100mリレーでアンカーを走った。 石川県2位、北信越大会に出場することができた。
 田中たかひと 高校時代イメージ3
2年3年とメンバー5人でロックバンドを組んでいた。
名前は「スキャンダルス」。
ベースギターを担当し、吉川晃司のコピーが得意で市内スタジオで何度かライブを開催した。
他4人のメンバーとは今も付き合いがあり、集まると、昔を思い出してカラオケで吉川晃司を歌ったりしている。

父親からは、部活動はちゃんとしろと言われたが、勉強に関しては一度も強制されなかったことを憶えている。
勿論、バンド活動にも一切口出しはなかった。

高校卒業記念にシカゴ大学の見学で、父親とアメリカへ行き、ロサンゼルスからワシントンまで横断した思い出がある。
18歳の私には刺激的であった。
暖かいマイアミビーチを出て翌日着いたワシントンでは雪が降っていた。アメリカ大陸の広大さに驚いた。
大学時代
 田中たかひと 大学時代イメージ1
 田中たかひと 大学時代イメージ2
家を初めて出る。一人暮らしの始まりだ。
飯、掃除、洗濯全て自分でやらなければいけない。
母親のありがたみがわかった。感謝の一言である。

当時得意な料理は、玉子だけの焼き飯や具なしのカレーをよく作って食べていた。
小さいときから、団体競技(チーム)に憧れがあったのと、戦術がゲームを左右すると聞いていたので、 以前から興味があったアメリカンフットボールに挑戦した。

3年の秋からディフェンスチーム キャプテン(司令塔)として、 チーム勝利のため懸命に守り続けた。
東海2部リーグで優勝争う。
 田中たかひと 大学時代イメージ1
 田中たかひと 大学時代イメージ2
 田中たかひと 大学時代イメージ5
この頃、色々なアルバイトを経験する。
例えば、 建設工事現場、宅配便のおにいさん、飲食店等々 様々なアルバイトを経験し、 色んな職種の先輩の方々とのふれあいから 社会性を育むことができたと思っている。
全てにおいて、身につくことや得るものがあったと実感している。

経験を大切な自分の宝物にするには、 自ら好奇心を持ってチャレンジすることから 始まると思っている。
生年月日
昭和45年(1970年)5月10日
自宅
金沢市額谷1丁目
家族
妻、ニ男、一女、父:田中ひろと元県議
趣味
映画鑑賞、ゴルフ、読書
資格など
大型特殊自動車免許、1級土木施工管理技士、1級造園施工管理技士、金沢検定初級
学歴
  • 昭和61年3月 旧河内村立河内中学校 卒業
  • 平成 元年3月 石川県立金沢錦丘高等学校 卒業
  • 平成 5年3月 名古屋商科大学 産業経営学科 卒業
主なスポーツ歴
  • 軟式テニス部 主将(中学)
  • 陸上部 短距離 (高校)
  • アメリカンフットボール部(大学)
現職
  • 石川県議会議員(金沢市選挙区 平成27年4月当選)
  • (株)ノエチカ 代表取締役社長
  • (株)サンアールホールディングス 代表取締役社長
  • NPO法人趣都金澤 専務理事
  • 石川県PTA連合会 副会長
  • 金沢市立額小学校 PTA会長
  • 金沢ひかりライオンズクラブ 所属
  • 白山商工会議所青年部 所属
田中たかひと イメージ1
その他経歴
  • (株)北國新聞社(平成5年)
  • (株)NTT北陸テルマック(平成6年)
  • (公社)金沢青年会議所 第58代理事長(平成22年)
  • 額谷1丁目町会 町会長(平成23年)
  • 金沢市PTA協議会 会長(平成25年)
  • 白山建設(株)取締役副社長(平成20年3月〜平成27年4月)
座右の銘
「敬人動地(けいじんどうち)
父親にいただいた名前「敬人 たかひと」は、出会った全ての人に感謝し、尊敬する気持ちで接するという意味があります。
人を敬い、皆さんから力を頂きながら、「動地」、この地域を動かして行きたいたいと思います。